fc2ブログ
おいおいおい、ばかやろー!!魚が欲しくって釣りしてるんじゃね~んだよよ______________

(続) 魚が欲しけりゃ魚屋に行くよ。

2022/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
○10月2日(土)若潮 J丸


ようやく訪れた週末、きわいタップリ。朝3時には現着すれば、トモに入れるだろうと向かったものの。
スキモノはみんな早いわ、3等賞。トモ席は諦めました。
今日は満船と聞いていたんで、トモかミヨシかどっちかに逃げんとかんとは思ってましてん。
ま、ええか、ミヨシでも。

20211002 (5)

ミヨシの右舷高座に陣取り。水はないし、何かとやりにくい。
5時半ごろには出撃、6時ごろには開始。
極鋭8:2 1.5号グレーPE+ブラックリーダーでスタート。
水深は80もなかったかと思う。
噂のテンヤが落ちないということもなく、海中にテンヤは吸い込まれていく。
60付近で間もなくアタリ即掛けの3連発。
ジギング以外では入らないミヨシ、イマイチやりにくさはありますけんど、ええスタートですわ。

しっかししかし、始まりましたな。
20~40mでテンヤが止まる。落ちひん。
上げるとエサは素っ裸。
ミヨシの高さを利用して、なんとか遠目に投げて底まで落としたつもり。
しかしな、音にも反応しよるんやろな。それでもやられるときはやられますねん。

フグは水面まで何匹も付いてきよる。
仲乗りにフグ掛けしてもええか?と聞くも、周りの客おるしなあ~と。
そりゃそやな。
ジギングはOKなので、ジグにエサ巻きゃ良かった。
朝ならかなり駆除できたはずですわ。
フグも猫のエサになるしな。

さて肝心のタチウオはというと、中盤以降は西風は強くなって、ちょっと西の80-95mラインへ。
ポチポチ釣れはします。底上10~20m、25m。深場にもフグはおります。上にもおります。
いよいよ棚までラインを出すと下糸が出るようになってきました。
よっしゃ!と思って掛けたところが、下糸とメインPEのつなぎ目で抜けた。
PE巻き足そうかとも思いましてんけど、今日はもう一本セットしてあったので、ロッドセット交換しま。
極鋭EX7:3、0.8号モスグリーンPE+12号フロロリーダー。

後半はちぃとフグの勢いもましになり、下まで落ちれば小当たりながら、タチウオの反応を拾えました。
サイズは小さいけどな。棚は底10~20。
フグをかわせる可能性があると思ったのは、タチウオの腹身の塩漬けをサンマをカバーするようにしたら、攻撃は交わせた気がしました。同じエサ交換なし3連発もできましたもん。次回も持っていくべく、今日もハラミ塩漬けを製造しました。

トモ席の方の釣れ具合は知らんけど、周りは釣れてなくても掛けれてた気がしますわ。
あかんのは海面までが遠いので、船べりリリースが多いこと多いこと。二枚潮で上潮が走り気味なせいもあるけどな。
12時で終了、この時期は昼便があるので残業はしてくれません。テンヤ、PEロスですでにギブな人もおったしね。

今日の相方はPE300ロスト、テンヤ9個ロスト。PEはブラックやったかと。
ワテはPE150ロスト、テンヤ5個ロスト。ロストPEはグレーで、モスグリーンは生還。

須磨はええ天気ですわ。
20211002 (4)


本日の釣果 27本
20211002 (3)

ネコのエサ5個(一つは相方からのもらい物)
20211002 (6)

ネコのエサは開いて、醬油にちょっと漬けて、一夜干しします。
「変な魚おじさん」で勉強しました。
20211002 (1)

次回は2週間後チャーターで。
まだフグが残っているようなら、ジギングOKにしてジギングセットも持って行こ。
クロサバフグ掛けたおしたるねん。

***フグの調理はシロートはやってはいけません、例え無毒のクロサバフグでもです。クロサバフグは、有毒ドクサバフグに類似します。勉強していない人は調理したりしてはいけませんよ***
 





参りました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dadashu.blog67.fc2.com/tb.php/790-7f2fc736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
.archive-date { height: 70px; overflow: auto; }